続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-02-59 山科疏水の散策(28)6年振りの「諸羽神社」初詣で

       琵琶湖疏水の散歩道・第503話(2013-01-09)   KANKAMBOW記

 

1)まえがき

 私は山科疏水の「四宮地区の水路べり」をよく散歩するが、諸羽山をくぐる諸羽トンネル水路に並行した地上部の散歩道に沿って児童公園が存在する。その坂斜面の下に諸羽神社の境内が続いており、神社の境内や建築物が木々の間から見えている。その疏水道から諸羽神社に降りる坂道が児童公園に沿って3ヶ所あり、時々降りて参拝することがあるが、疏水を経由せずに地上から「初詣で」をしたのは今回を含めてわずか2回目である。

 四宮・安朱・竹鼻北部の産土神であり、平安時代からの由緒のある「諸羽神社」の存在は私にとって一番大切な神社であるが、近過ぎてご無沙汰をしていたことになる。昨年末に山科区役所の「やましな魅力発信プラットフオーム」に加入させていただいた受信の中に「諸羽神社の初詣で」の記事を見付けたので出かけることになった次第である。

 最初の参拝は平成19(2007)125日であり、今から6年前となるが、ホームページの「山科疏水の散策(18)」に駒札や由来書の全文を含めた詳細な見学記を記述しているので、今回は重複を避けて、新しい話題を拾ってみた。社域1800余坪の比較的狭い境内であるが、機会を見付けて参拝の頻度を増やしたいと考えている。

 

2)諸羽神社の場所

 国道筋から車で諸羽神社にアクセスすることは簡単ではない。周辺は山科地区特有の屈折した道が多く、道幅が急変することも多い。私は大津方面から国道経由で来た友人に問われても答え難いので、JR山科駅に向かう118号線で旧東海道筋を右折して毘沙門参道を少し越えたところに諸羽神社の大鳥居があるので、短い参道を北上すると駐車場があると説明している。

  1_convert_20130109213726.jpg   2_convert_20130109213806.jpg

 左の写真は旧東海道筋に面した「一の鳥居」で、祝日には両側に大きい垂れ幕が掲げられている。少し先の進むと右の写真に示す「二の鳥居」があり、車で接近できるのはここまでである。奥に社殿が見える。

3)奉納された白蛇の額の紹介

「一の鳥居」の左手前に京都市が建てた駒札が建っているが、老化して判読し難い。6年前の写真と対比すると、明らかに材質の選定ミスである。読めない駒札は、交換するか撤去した方が望ましい。

  3_convert_20130109213834.jpg   4_convert_20130109213855.jpg

 今回の訪問の目玉は、神殿前に飾られた額である。京阪四宮駅横で飲食店「ふたば」を営む山中さんが奉納した額で見事な作品である。中央の白蛇(右の写真)は弁天様のお使いで、商売繁盛・金運など目出度い神様と言われている。

  5_convert_20130109213922.jpg   6_convert_20130109213950.jpg

 私は巳年生まれの年男(としおとこ)である。白蛇の首の部分が風に揺られて動くようになっている。昨年は体調や長距離歩行の困難な年であったので、今年の幸運をお願いした次第である。

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/52-e9f1ea74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。