続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 C-03-47 京大大学院理学研究科付属・花山天文台の見学

      琵琶湖疏水の散歩道・第499話(2012-12-20)   KANKANBOW

 

1)まえがき

 今年を振り返ると宇宙開発関係の話題が多かったが、私個人にとってもマンション5Fの北側通路から遠望できる花山天文台の見学は、学生時代から希望し実現してない課題の一つであった。山科区に住居を変えて、花山天文台の立地が山科区の領域内にあることを知りその期待が高まっていたが、去る1027日に一般公開されることになり、親族の車に分乗して孫と一緒に見学することができた。

 私自身は宇宙関係の基礎知識は極めて少ないが、山科区内に住む友人の多くがまだ見学していないので、訪問を希望する人のガイド基礎資料としてまとめたのが本報告である。正確な情報ではないないが毎年(要確認)公開日があり、当日は有料シャトルバスが主要駅(京都駅、京阪蹴上駅)から運航されると伺った。

 周辺の紅葉も見頃で、専門家や関係部門の学生が要所に配備されており、講演会も準備されているので、お勧めしたいスポットである。ただし、天候の悪い日は避けたほうがよい。

 

2)花山の地名の由来と天文台設置の経緯

 京都の地名研究会が発行した「京都の地名検証」に山科区の「花山」について解説されているが、多くの説があるようである。京都側で有名な「将軍塚」は花山の北西にある花頂山(天文台から歩いてすぐ近く)にあり、このあたりは花や華のついた場所や故事来歴が多い地域であるが、地名の由来については室町時代の足利義政や義教が訪れた“花の名所”であったという説明が分かり易い。花山の頂上近くの展望台から眺める山科区の全容はすばらしいが、将軍塚のある花頂山の展望台から眺める京都市中心部の景色もすばらしい。

 

淡交社から発行された「京都の近代化遺産」の「花山天文台」に設置経緯が示されているが、京都大学の最初の天文台は大正101921)年に吉田の本部構内に設置されたが、数年のうちに周辺の開発が進んで観測に支障をきたすようになり、次の吉田山が候補地となったが、京都府から風致を害する恐れがあると反対され、次の候補地として当時の山科町北花山に昭和041929)年に「花山天文台」が竣工している。

しかし、今回の訪問でいただいた資料「花山天文台・飛騨天文台」の記載によると、山科区の開発が進行して明るくなってきたので、さらに適地を求めて昭和161941)年に「生駒山太陽観測所(1972年に閉鎖)」に施設の一部を移し、さらに昭和431968)年に設置した「飛騨天文台」にその主要機能を移した。現在の花山天文台は、飛騨天文台や人工衛星で得られる観測データの研究解析や各所との交流や教育施設として役割を分担している。そのご平成222010)年には施設の一部を飛騨あらペルーのイカ大学に移設するなど国際協力体制が急速に進み。宇宙ステーションでの人間の長期滞在が可能な時代となってから、地上天文台の役割は大きい影響を受けている。

 

3)花山天文台の施設の概要

 所在地は京都市山科区北花山大峰町である。車で三条街道を京都に向かい、蹴上浄水場に達する少し手前の東山ドライブウエイに向かう坂を登り、阿含宗本山の建物前を進むと、すぐに花山天文台専用の駐車場に達する。そこから10分程度坂道を歩いて登ると天文台の建屋に達する。一般公開の日は専門の担当者が要所に配備されている。

    

                      1_convert_20121219234736.jpg           2_convert_20121219234811.jpg

 左の写真は、現地で無料配布された14頁のカラー冊子の表紙で、花山天文台と飛騨天文台の概要・30名のスタッフの紹介・主要施設の紹介が6頁かけてコンパクトに解説されている。つづいて研究紹介として、①高分解観測による太陽活動の研究、②太陽地球環境と宇宙天気、③数値シミュレーションによる太陽・宇宙プラズマの研究、④恒星観測・岡山新望遠鏡計画の4件が6頁かけて紹介されている。最後の2頁に天文台のあゆみとして、歴史と主な活動がまとめられている。花山天文台の施設は、本館、別館、歴史館、新館、太陽館の5ヶ所にあり、本館には45㎝屈折望遠鏡、別館にはザートリウス18㎝屈折望遠鏡、太陽館には70㎝シーロスタット望遠鏡・3次元立体表示システムがある。

 

 右の写真は周辺の施設配置の写真であり、左上に東山ドライブウエイの入り口、中央上に阿含宗本山の施設、中央下のシャトルバス乗り場がある。右下に花山天文台施設があり、右下隅に太陽館が位置している。

4)周辺の風景と見学写真

   
          左は花山展望台から見山科区の写真であり、右は将軍塚展望台から見た京都市内の写真である。 
         3_convert_20121219234843.jpg   4_convert_20121219234920.jpg 

     
          左は整備された花山天文台の写真であり、右は天文台周辺の細い雑木の林の写真である。

 

             5_convert_20121219235133.jpg    6_convert_20121219235202.jpg

           熱心に説明してくれる男女の担当研究者

           7_convert_20121219235342.jpg   8_convert_20121219235425.jpg

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/46-b9ae07fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。