続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A-04-47「京都インクライン物語」の作者「田村喜子」氏の訃報

     琵琶湖疏水の散歩道・第493報(2012-10-19)     KANKANBOW

 

1)まえがき

「京都インクライン物語」の作品で昭和571982)年に第一回土木学会著作賞を受賞された田村喜子氏が、今年の324日に79歳で死去されたことを伝え聞いた。この作品は、琵琶湖疏水の歴史愛好者にとってバイブル的な存在で、私も初期の段階からお世話になったが、私よりも若い方であったことを初めて知った。近く84歳を迎える私の周辺には訃報が相次ぐこの頃であるが、数少ない思い出の幾つかを墓前に捧げる気持ちで纏めたのが本報である。

 

2)田村喜子さんと面談した思い出

 私が約50年間のサラリーマン生活を終えて、退職後の楽しみとして「琵琶湖疏水の散索」をテーマに選んだのが平成122000)年であるが、まだ歩いて調べる元気が残っていたので毎日周辺の散策を実施し、平成152003)年に整理の目的で「琵琶湖疏水の散歩道」という冊子を500部自費出版した。そのとき、最初に読ませていただいたのが図書館で借用した「京都インクライン物語」である。その翌年に作者が京都に来られ、講演会を開催されることを知り、出席させていただいた。

平成162004)年524日の京都精華大学の講堂で「琵琶湖疏水の過去・現在・未来」と題した田村さんの講演があり、大勢の出席者であったが、休憩時間に挨拶を希望する行列に並んで短い面談をさせていただき、完成したばかりの私の冊子「琵琶湖疏水の散歩道」を手渡した。

当時の私にとって田村喜子氏は疏水分野の大先輩であり、握手することも差し控えた先輩であったが、大きい満足感を得たことを今でも鮮明に記憶している。

田村喜子さんは関東地区に在住で、お目にかかったのは最初で最後となったが、多くの資料に紹介されている略歴の一部を私の文責で紹介すると、

田村さんは昭和071995)年1025日に京都で生まれ、京都府立大学卒業後「都新聞社報道部記者を経て文筆活動に入り、下表に示すように土木分野をテーマにして多くの作品を発表されている。代表的な作品の一部を引用紹介すると、

   昭和571982)年・・・京都インクライン物語

   昭和591984)年・・・京都フランス物語

   昭和611986)年・・・北海道浪漫鉄道

   平成021990)年・・・物語 分水路 信濃川に挑んだ人々

   平成021990)年・・・疏水誕生

   平成041992)年・・・関門トンネル物語                 

   平成142002)年・・・土木のこころ

   平成162004)年・・・野洲川物語

   平成212009)年・・・小樽運河ものがたり

   平成222010)年・・・余部鉄橋物語

 

 この中での3件は琵琶湖疏水の建設を推進した北垣国道と田邉朔郎が推進したプロジェクトを題材としたもので、その後に取り上げた主題の舞台は全国に広がっている。田村作品の特徴は、その内容が土木の世界の立場から広く評価されており、とくにトンネルや運河の建設にかかわる技術表現は、専門家の域に入っていると評価されている。

 今回紹介した田村素子氏の講演会は、NPO法人「遊悠舎京すずめ」が主催されたもので、虫プロ制作の映画「明日を作った男」の上映とセットで実施された。

 

3)田邉朔郎の長男・田邉陽一氏が評価した「京都インクライン物語」

 平成152003)に琵琶湖疏水記念館を訪問して田邉朔郎一族の系統図を調査したときにいただいた資料によると、明治時代を代表する有名人が登場する華麗な一族であるが、これによると、田邉朔郎に3人の孫息子(陽一・康雄・謙三)が存在する。私の「琵琶湖疏水の散歩道」発刊の新聞記事を読んだので見せてほしいという電話が陽一氏から掛かり、平成172005)年717日に指定された岡崎の国際交流会館で初めて面談した。

 陽一氏によると、最近発刊される琵琶湖疏水関連冊子の内容に事実と異なる記述が多いので、作者に直接会って指摘するのが私が背負った義務であるということで、冊子を手渡して長時間にわたり尋問形式で質問を受けた。その意気込みは大変なもので、既刊の冊子の問題点の説明から始まり、私が保有する最近の新しい情報の提供を要請された。

 その時、陽一氏が合格点を挙げられる冊子は「京都インクライン物語」だけであり、新聞記者育ちの田村喜子さんが毎日のように田邉家を訪問し、保有するすべての資料を徹底的に調査した姿を自宅で体験しているので、この本の内容はすべて事実であると強調され、他の複数の著作の間違いを具体的に指摘された。

 この言葉を聞いたあとも「京都インクライン物語」を何回も読み返し、その内容の深さを感じているが、平成061994)年に中央公論社から文庫本サイズの本が発行されたので、小旅行をするときには必ずポケットか肩掛けカバンに入れて読み返す愛読書の一つになっている。後日陽一氏から数回電話をいただいて追加資料の提示要求を受けており、その熱心さを忘れることはできない。

 

 平成1520033月に第3回世界水フオーラムが大阪・京都・大津の3会場で開催され、多くのイベントが開催された。私も京都会場を中心に多くのイベントに参加したが、32123日に「みやこめっせ」で「明日をつくった男~田邉朔郎と琵琶湖疏水」と題した映画を見学した。これは「虫プロダクション」が制作した映画で、原作・田村喜子著「京都インクライン物語」(山海堂編)の完成記念披露上映会で、アニメ型の70分の上映時間であったが、そのご、多くのイベントでも上映され、私も4~5回見学する機会に恵まれているので、ストーリーも正確に覚えている。また、私の琵琶湖疏水の知識の深まりと共に何時見ても新鮮であり、機会があればもう一度見学したい映画である。

 

 

          本資料の田村喜子関連の年次記録(文責筆者)

 

昭和071930)年1025日 京都に生まれる

昭和301955)年03月   京都府立大学卒、都新聞記者を経て文筆活動に入る

昭和531978)年07月   海底の機(文化出版局)発行

昭和571982)年09月   京都インクライン物語(新潮社)発行

昭和581983)年     第1回土木学会著作賞を受賞

昭和591984)年06月   京都フランス物語(新潮社)発行

昭和611986)年10月   北海道浪漫鉄道(新潮社)発行

昭和631988)年09月   五条坂陶芸のまち今昔(新潮社)発行

平成021990)年03月   疏水誕生 藤原みてい絵(京都新聞社)発行

平成021990)年06月   剛毅木訥鉄道技師・藤井松太郎の生涯(毎日新聞社)

平成021990)年10月   物語分水路・信濃川に挑んだ人々(鹿島出版会)発行

平成041992)年08月   関門トンネル物語(毎日新聞社)発行

平成142002)年05月   土木のこころ(山海堂)発行

平成152003)年     「明日をつくったおとこ」 第21回映画コンクール最優秀賞を受賞

平成222010)年07月   余部鉄橋物語(新潮社)発行

               余部橋りょう さらなる100年、第24回映画コンクール 最優秀 賞を受賞

平成242012)年0324日 直腸がんのためご逝去


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/38-bfb4c5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。