続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A-04-45 最高齢のメル友「小堀富久夫」氏の訃報に接して
     琵琶湖疏水の散歩道・第490報(2012-06-03)    KANKANBOW
 
1)交流の発端
 私が民間企業の化学技術者としての仕事に終止符を打ったのが平成12(2000)年で、既に70歳を越えていた。退職後の楽しみとして、「琵琶湖疏水」を歩いて歴史散策することに焦点を当てて疏水周辺の散策を一巡したころ、パソコンのハンドリングの勉強も兼ねて、「琵琶湖疏水の散歩道」という冊子を自費出版したのが平成15(2003)年であった。同時にホームページを開設し、メール交換もスタートさせた。当時このような取り組みが珍しかったので、京都新聞が2回にわたり記事に取り上げていただいた。
 その後、小堀さんは私が所属した「近代京都の礎の会」のイベントに参加される機会が多くなり、挨拶を交わすようになったが、杖を持った古老の存在を意識しながらもお互いの交流はより深くならなかった。しばらくして、突然長文のメールが届き、小堀さんと私の間に古いつながりのある方であることが判明した。
 今回の新聞報道(訃報)によると、立命館大学の名誉教授で、専門分野は通信工学であり94歳で永眠されたことを知った。最近はお目に架かる機会もなかったが、懐かしい最高齢の友人の疏水に関連する交流を思い出してまとめたのが本報である。
 
2)小堀さんから伺った疏水の思い出話
    私(小堀さん)は大正末期から昭和初期に聖護院に住んでいたので、鴨東運河から蹴上まで私達の遊び場であった。大津行きの船の出入りやインクラインの上下や、閘門を出入りする船の運航には興味があった。蹴上を終点にしたチンチン電車や、寺町通りの電車も良く乗った。この頃は未だ河原町線はなかった。(メール交流)
    私は京大工学部・電気工学科出身で、卒業後すぐに立命館大学へ就職し、65歳で定年退職して山科区四ノ宮の小さな会社に再就職して、コンピューターによる画像処理を指導した。この時、毎日昼休みには疏水に散歩にでかけ、一燈園から第一トンネル出口までを歩きまわった。ここでは第一疏水と第二疏水が並行して流れており、石の隙間から水がのけぞる所がある(?)のを知り、感激した。(メール交流)
    蹴上水力発電所開始以前に、高瀬川経由高瀬舟の石炭運搬による火力発電所があった。場所は木屋町蛸薬師で、丸善の横の通りを入って行ったところで、日本最初の火力発電所で京都の一部の家で電灯がついていた。私の母から聞いた話であるが、火力時代の電灯の色は赤みを帯びていたが、水力に変わると白くなった。全くの笑い話だが、電圧が上がって白熱に近付いたのだろう。この発電所の赤煉瓦の残骸が最近まで残っていたが、先日行ってみたら無くなっていた。
    私の兄が貴方と同じ工業化学科で教授をしていた「舟坂渡」である。この件については直接面談したので、若干補足説明すると、
・・・舟坂教授からは1年間「分析化学」の実験指導を受けたのでよく覚えている。ニックネームは「舟が坂を渡る」という名前から付けられた“インクライン”である。当時、琵琶湖疏水に関する知識は皆無であったが、実在のインクラインを覚えてから一度だけ仲間と現場を歩いたことがある。教授にはもう一つ“チーピン”というニックネームがあった。特徴のある顔で、口許が「への字」に曲がっており、その角度がマージャン牌のピンズの7に似ているので誰かが名付けた。この話を小堀さんに伝えたとき、「兄貴は堅苦しい人間でしたから、よい思い出ではなかったかも知れませんね」と話した。私は「ニックネームが二つもあることは人気者だった証拠」と答えた。
   当時の分析化学の教科書は全文ドイツ語で、単位をとるために難しいドイツ文法を必死に覚える必要があった。・・・
 
3)小堀さんの印象
      私の疏水仲間には、子供時代に疏水の周辺で遊んだ経験を持った人が多い。老年になって子供時代を思い出した人は、とくに疏水への愛着心が強い。小堀さんが私達の企画する講演会や散策会に参加するとき、杖をついて参加した。私も退職後に脊椎間狭窄症を患っていて、散策会に参加したとき、二人で杖を持って参加者の最後尾を歩いた記憶がある。私より12~13歳高齢の小堀さんとは技術者出身という共通の経験から話題が尽きなかった。最近は、私にも疏水仲間が増えて、小堀さんとの交流は殆ど無くなっていたが、久し振りの再会が訃報であった。私にとって小堀さんの存在は“あと10年は頑張って疏水散策を楽しみたい”という目標をくれた方として、心からご冥福を祈りたい。
 
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/34-58fc75cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。