続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B-04-33 岡崎の白川沿いにある「竹中庵」の見学記
       琵琶湖疏水の散歩道・第484話(2011-04-16)  KANKANBOW記
 
1)京町屋「竹中庵」の場所の紹介
 「京町屋なんでも応援団(事務局・上京区)」主催で、岡崎円勝寺町の白川沿いにある無住町屋「竹中庵」にて、岡崎の景観と歴史を考える「花見プロジェクト」が4月上旬に開催されるという京都新聞記事を見付けたので、参加見学させていただいた。
 岡崎白川べりにある「竹中庵」の名は初めて聞く名前であったし、住所名を頼りに探してみたら、いつも歩いている道に沿って存在していたので驚いた。
 その場所を少し詳しく紹介すると、“北白川地区から動物園敷地地下を経由して南下した「白川」の流れは、インクライン下の南禅寺舟溜りで「琵琶湖疏水」の流れと合流して鴨東運河を西進し、平安神宮赤鳥居前にある朱塗りの慶流橋をくぐったすぐ西の地点(京都国立近代美術館敷地の南面)で、「白川」の水は「疏水」の流れと分流して再び「白川」単独の流れとなって南下する。
 この分岐点に仁王門橋があり、新しい白川の流れに沿って幅1m以下の東側歩道と幅2mくらいの西側歩道があるが、西側道を200m弱南下したところに白川に面して「竹中庵」が存在する。
 私は岡崎地区を訪問するとき、地下鉄「東山駅」の①番出口を左折し、最初の道を左折して白川の流れに沿って北上するが、いつも「竹中庵」の前を通過している。通常住宅の塀に小さい表札があるのみで気が付かないまま現在に至ってきた。
 
2)見学時に説明していただいた要旨
(1)1階会場に展示された時代別地図パネル
説明によると、竹中庵の前の通りは幅2mあまりの小道で、建物の再建築をする場合には車が通過できるように道路の幅を広げることが法律で義務付けられている。この白川沿いの景観を守るために、現在無住のまま維持している竹中庵の所有者とともに、「京町屋なんでも応援団」は、地域の歴史や魅力をパネル展示で説明し、この景観を保持したいためにプロジェクトを立ち上げたと説明していただいた。
 岡崎地区は、第3回万国勧業博覧会の会場に隣接し、平成22(2010)年に京都商工会議所から発行された「琵琶湖疏水と京都の産業・企業(京都ベンチャーを生んだその流れ)」に記載のように、水車動力を求めて周辺には多くの工場が集まった地域である。そこに「竹中庵」の記載はなかったが、今回の説明では、ここに径10mある大型水車が存在し、「水車の竹中」と呼ばれた精麦工場があったと説明を受けた。(精麦とは“オオムギの殻粒の外皮部を除去して炊飯食に適する白色の丸麦を搗精する作業”を言う)
その歴史を示す時代別パネル(4枚)が会場1階に展示され概要の説明を受けた。
(2)2階会場から眺めた美しい桜風景
 竹中庵の2階の窓から外を眺めると、大型マンションの外塀と白川の間に植えられた満開の桜並木が見える。
 
      2階の窓から見た桜並木                               道路沿いから見た桜並木
 
 説明によると、30年ほど前に背景にある巨大マンションが建設されたとき、竹中庵の家主が景観面の配慮から植えてもらった桜である。また、約2m幅の道には安全柵はないが、車道でないので、不安はない。今では名物といえる風景を形成している。
 
(3)直径10mという岡崎最大級の水車跡が存在する
 門の左側に広場があり、その西側に細い水路が存在する。説明によると、そこに精麦工場の動力用大型水車(直径10m規模)が存在していた。最近まで塀があって見えなかったので、公開されるのは今回が初めてのようであるが、説明者にHPで紹介することの了解を得たので下記に若干の考察を含めてまとめた。
   
    水車の存在した場所(中央部)                          水路跡の石垣側面写真
 
 説明者に琵琶湖疏水との関連について質問したが、細部については聞きもらした。「琵琶湖疏水の100年誌」に、当時の水車動力とその利用者の詳細が記載去れているが、精麦工場や竹中家の記載はなく、前述の京都商工会議所の本にも記載がない。当時の和水車の規模からみると、直径10mの水車といえば最大級となるが、水車の全般解説書にも登場していない。また、この水路の水源についても、疏水工事で岡崎地区南部の白川の期待される水位差は疏水工事前より減少している可能性も考えられる。
 若干乱暴な推定であるが、精麦工場は疏水工事前から存在しており、白川を水源としていたが、疏水工事により水位差が減少し、閉鎖の一つの原因になった?と推定したくなる。
 私の夢の一つとして、この場所に直径10m規模の木造水車が再現展示できれば、岡崎地区に多い産業遺産の一つとして追加できると考えた。竹中の精麦工場や竹中の水車について追加または修正情報があれば知らせてほしい。
 
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/27(木) 00:49:46 | | #[ 編集]
竹中庵の持ち主です。
竹中庵の持ち主です。今頃、このブログを発見いたしました。お許し下さい。「水車の竹中」の水路は、あの桜公開まで所在が分からなかったようです。その水車水路は大正6年に竹中亀吉によって開削されました。取り入れ口はマンション遊楽荘の向かい側で、疎水の水利用の水車でした。その後少しづつ分かったこともありますので、ご連絡下されば嬉しいです。
2012/09/27(木) 01:08:25 | URL | 竹中 千恵子 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/08/05(金) 19:00:36 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/28-f6213100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。