続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-08-14 車石・車道関連調査‐2(牛の削蹄師、牛関連調査)

         琵琶湖疏水の散歩道・第481話(2012-03-26)   KANKANBOW

 

1)まえがき

 大津市歴史博物館の玄関を入ると、正面に車石・車道研究会の真田孝男氏が作成した牛車模型が展示(企画展の期間)されている。真田さんは、牛を飼って農耕実務をされた経験があるので、牛の表情や姿がすばらしく、今回の企画展の目玉となる展示品となった。

  B-08-14-1_convert_20120329012021.jpg B-08-14-2_convert_20120329012405.jpg

      展示前の実物の近接写真            大津歴史博物館の正面に展示

 

 また、研究会の八木平蔵氏が入手された「牛の草鞋」の展示(寄贈者・大津市の岡本源七氏)にも見学者の興味が集中した。八木氏からいただいた資料の中にも「牛の爪切り」の記事があったが、最近のNHK・Eテレで、「牛の爪切り」を専門とする職業の紹介があった。そして、全国に約1000名の牛削蹄師の資格を持つ人が活躍していることを知った。また牛の爪を削る作業を映像で見せていただき、真田さんの家族が牛の爪を削っていたという話しを実感することができた。

 この話題は車石を曳いた牛とは無関係であるが、私自身、小中学校時代に往来を歩く牛の姿を見ていたので興味があり、少し調べてみた結果をまとめたのが本報である。

 

2)蹄の管理と道具

 岩手県奥州市前沢区に「牛の博物館」が存在する。日本唯一の牛博物館と言われているが、年に2回機関誌が発行されており、第1号(19994月)から第38号(20122月)まですべてネットで読むことができる。地域の牛にまつわる話題や世界の牛に関する歴史など牛に関する情報が詰まっているので一気に読ませていただいた。

 また、報告書として「牛博たんけん-蹄の管理と道具」があるので、その一部を紹介すると、“牛の蹄は1ヶ月に6mm程度伸びる。放牧や運動が十分であると自然に削れて正常な形を維持されるが、畜舎で飼われている場合、削蹄を定期的(年に2回が標準)に実施しないと、足の病気が発生し易くなり、搾乳量も低下し、乳房炎の発生誘因にもなる。日本では削蹄の専門家に頼んで、蹄の周囲を削蹄鉈(なた)と鎚(つち)で形を整え、つぎに蹄の裏側を鎌形蹄刀で削る。牛博では日本、台湾、アメリカ、イタリ―の削蹄用具を集めて比較展示している。

 

3)日本社団法人「日本削蹄師会」の紹介

 削蹄師の資格を取得するには「日本削蹄師会」の認定を受ける必要がある。資格は3段階あり、まず2級試験に合格し、4年経過すると1級受験資格がえられ、そのあと9年経過すると指導級の受験資格が得られる。あまり正確に把握していないので、間違った解釈をしているかも知れないが、簡単に取れない資格のようである。現在の牛飼育の主分野は、農耕でなく搾乳と食肉の生産であり、削蹄師は農家と契約して、定期的に巡回しているようである。車石車道の時代には無かった資格制度であるが、農耕中心の時代には農家自身でやっていた作業と想像される。

 

4)牛博物館の機関誌の一部題目の紹介

 機関誌の内容は、豊富な資料・写真・絵画をベースに立派な内容で、ネットで全体をみていただきたいが、ここでは私が興味を持った記事の題目の紹介のみを示した。特集号を含めて内容すべてがネットで読めるようになっている。

01号(1999-04-27)第7回企画展・トラジャの布(日下部啓子コレクション)

03号(2000-01-29)第8回企画展・バターのふるさと

05号(2000-06-17)ミニ企画展(中国の大自然と遊牧)

06号(2001-07-27)第12回企画展(クローン牛・・・性と生命を考える

07号( 特集  )家族で楽しむ企画展2002「ウマ・馬・午」・・・(馬の歴史の詳細な報告あり

09号( 特集  )家族で楽しむ企画展2003「羊は牛ですか?」(・・・羊の歴史の詳細な報告あり

11号(2003-07-23)第14回企画展「ミルクの夜明け」(世界・日本の乳文化の伝来に関する詳細報告

13号(2004-07-22)第15回企画展「浮世絵にみる牛」

14号(2005-07-2910周年記念特別展「前沢牛の歩みとそれを作ったタネ牛たち

15号(2006-12-08)家族で楽しむ企画展2007ブタと牛の遺伝子的比較

16号(2001-03-30)和牛改良の黎明(明治期発行の冊子、種牛図譜の紹介

18号(2002-03-30)世界の牛農耕(西アジアの発祥の地の解説資料

22号(2004-03-30)前沢市で発見された厩猿(牛馬の守り神の紹介)

23号(2004-10-30)国際動物遺伝学会において特別展示の実施

24号(2005-03-30)販売指定店の看板は語る(BSE騒動と関連して)

25号(2005-10-30)開館10周年を迎えて

28号(2007-03-30)家畜化モデルに関する学際研究の重要性(牛の家畜化の歴史を解説

31号(2008-07-10)前沢牛を受け継ぐ家畜文化(前沢牛が日本一最優秀賞を受賞)

34号(2010-02-22)木材を運ぶ牛と牛方(雄牛の背に800kgの木材を乗せて山道を降りる写真と解説)

35号(2010-03-30)東北ブランド牛シンポジウム(牛飼い女性たちが語る・・・特集号)

38号(2012-02-20)「ぶつかり合う角と角」(久慈市山形町で毎年開催される闘牛会)

 

4)最近の牛にかんする統計情報(全国肉用牛振興協会資料)

1)全国の牛の1戸別飼育頭数の推移

 

   

飼育戸数

飼育頭数

1戸あたりの頭数

1967(昭和42年)

1,666,000

1,551,000

  1.5

1970(昭和45年)

901,000

1,789000 

  2.0

1975(昭和50年)

 473,600

 1,857,000

  3.9

1980(昭和55年)

 364,000

2,157,000

  5.9

1985(昭和60年)

 298,000

 2,587,000

  8.7

1990(平成02年)

 232,200

 2,702,000

  11.6

1995(平成07年)

 169,700

 2,965,000

17.5

2000(平成12年)

 116,500

 2823,000

24.2

2005(平成17年)

 89,600

2,747,000

30.7

2010(平成22年)

77,400

 2,892,000

38.9

2)肉用牛の地域別飼育戸数の推移

 

北海道

東北

北陸

関東

東海

近畿

中国

四国

九州沖縄

S62年

4990    

80500

2860

20700

5040

6820

28400

7910

113180

H05年 

4730

62300

1730

12300

3650

6530

18800

4410

84670

H10年

3760

40600

990

8190

2700

4690

10000

2470

56890

H15年

3420

28300

720

6060

2060

3190

6410

1570

46740

H20年

3000

22600

579

4900

1710

2470

4870

1190

39140

 

 上表からわかるように、牛を飼う農家数は機械農耕機の発達と転業のために漸減し、残存農家も飼育規模を拡大してコスト削減と安い輸入品との競争に苦しんでいる様子が伺える。今回の調査は車牛とは関係の少ない方向に進んでしまったが、まったく牛の情報を知らなかった私にとっては興味深いものがあったので、追記させていただいた。。

 複数の馬の博物館も存在するので、今後TTPの動向や運搬手段としての牛馬の遺伝子的比較や歴史的比較を調べてみたいと思っている。今回の調査で、珍しい馬の草鞋の写真や牛の蹄鉄の話題も見付けており、ネット調査の威力を実感したことを付記する。

 

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/25-395b0634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。