続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私は、昭和4(1929)年生まれの82歳です。72歳で47年間勤務した化学系企業を退職し、息子の指導で初めてパソコンに取り組み、生まれてから会社生活を終えるまでの自分史をまとめ、パソコンの初歩を学びました。退職後、化学分野の研究開発に明け暮れた人生とは関係のない世界として、「琵琶湖疏水」の歴史と現状を調べることに決めました。そして約2年間の調査結果をまとめて「琵琶湖疏水の散歩道」を自費出版しました。今から考えると、研究論文しか書いたことのなかった私にとって大きい冒険で、京都新聞出版センターの出版担当部長に原稿が赤くなるくらい修正していただいたことを思い出します。

 出版と同時に、孫の指導でホームページ「琵琶湖疏水を語る部屋」を開設して、毎月45件の調査レポートの投稿をつづけてきました。平成18年から疏水以外の記事も含めて、「ブログ・琵琶湖疏水の散歩道」を併設しました。内容の精度は別として、8年間に投稿件数はホームページ475件、ブログ248件に達し、幅広い分野の郷土史仲間や琵琶湖疏水の愛好者との交流により、多くの追加情報や間違いの指摘などを受け、楽しく取り組んでいます。

 平成208月には、顧問を務めている「近代京都の礎を観る会」が平成21年度「京都市ニューツーリズム創出事業」に応募し、琵琶湖疏水散策マップ作成の認定を受け、平成223月にフルカラーの小冊子「琵琶湖疏水の歴史散策」を発刊することができました。

 平成242月には、娘や孫の指導協力でホームページのスタイルを変えました。まもなく83歳になりますが、体力と記憶力の低下に呼応しながら、好奇心を頼りにもう少しつづけたいと考えていますので、今後とも相変わらずのご支援ご指導をお願い申し上げます。

             平成242月    kankanbow(中西一彌)記

コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/27(木) 22:04:34 | | #[ 編集]
始めまして、中西様
對龍山荘に付いて、調査していて、所有権移転と、Wikipediaの項目が、とても不完全な事に気付き、書き換えを決意して草稿を書きました。

取り敢えず、對龍山荘の諸龍者は、ニトリホールディングスさんになったそうです。
對龍山荘の保護は、ちゃんと続いている様です。

そすいのさんぽみち(ジオHP版)から、mailもほぼ同様のものを送りましたが、
こちらへ移転した旨書いてあったので、重なりましたら、ご寛恕下さい。

出来れば、査読して頂ければ幸いです。
URLはその記事で、お気に入り登録か、友達登録を頂ければ、閲覧書き込み可能です。
荒らし対策なので、こちらも、お許し下さいね。

みぃにゃん
2012/10/29(月) 16:04:56 | URL | みぃにゃん #2sQQXnjA[ 編集]
ごめんなさい。
小さな字だったので、読み違えました。
<誤り>取り敢えず、對龍山荘の諸龍者は、ニトリホールディングスさんになったそうです。

(正しい)取り敢えず、對龍山荘の所有者は、ニトリホールディングスさんになったそうです。
2012/10/29(月) 16:08:33 | URL | みぃにゃん #2sQQXnjA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/08(金) 15:51:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/20(水) 16:41:51 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://biwakososui.blog.fc2.com/tb.php/18-940f49f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。