続・そすいのさんぽみち

~2015年4月1日 1件 追加投稿しました。累計510件~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-02-07伏見区の京都教育大学「学びの森ミュージアム」見学記

   琵琶湖疏水の散歩道・第491話(2012-07-25)  KANKANBOW

 


1)見学の経緯

  私は近隣の森に生育する樹木「メタセコイア」の由来に興味があり、そのいくつかを紹介してきたが、伏見区にも「森林総合研究所・関西支所」と京都教育大学内の「まなびの森」に存在することがわかったので、日帰りの同時見学コースとして訪問を計画した。しかし、見学可能な日の制約から2ヶ所に分けて別々に見学させていただいた。

今回は、6月25日京都教育大の美術館と近隣にある藤森神社のアジサイ見学をセットにして楽しんできた。

 

2)京都教育大学「まなびの森ミュ-ジアム」発足の話題

 今年の3月に発行された大学の広報誌「KYOKYO」129号を参考にして要旨を紹介する。学校の正門を入り、右手のゆるやかな坂道を通って木立の中に入っていくとハイカラな平屋の洋風建築物に出会う。これが「まなびの森ミュ-ジアム」である。

  C-02-07-3-1_convert_20120730165057 C-02-07-2_convert_20120730170734

  建物の正面写真(201206254944)    右手にある紹介板(201206254945

 

 教育資料館「まなびの森ミュ-ジアム」は、旧陸軍第19旅団司令部を改装した施設です。

明治30(1897)年、現在の京都教育大学の場所に、第19旅団司令部、京都連隊区司令部、歩兵

38連隊が置かれました。

 日中戦争が本格化するなか、陸軍第19旅団を統括する第16師団は上海、南京へと進撃し、その後、第19旅団は第19歩兵団に編成替えとなります。太平洋戦争で彼らがフイリッピンへ

移動すると、第53歩兵団がここにおかれましたが、これもビルマ(今のミヤンマー)へ出征してしまい、昭和20(1945)年には京都地区司令部が入って、終戦を迎えました。

 京都教育大学の前身である京都学芸大学が、京都市北区から現在の藤森地区に移ってきたのは昭和32(1957)年のことです。平成22(2010)3月に師範学校以来の教材、教具、作品などを紹介する展示室となりました。

 

3)ミュージアムの内部紹介

 展示物は統一性がなく、一部屋ごとに全く無関係のものが展示されている。しかし、質的にはレベルが高い。私には紙関係の収集が多く、子供時代の切手・マッチラベル・乗物切符に加えて古銭・小型広告・世界のビールマットが加わり、さかづき・小型人形・絵葉書など種類は増える一方である。従って私にとって対象が部屋ごとに変化するのは嬉しい感覚であった。代表的な展示物を配布資料に沿って紹介する。

    理化学実験設備の展示

戦前から戦後にかけておよそ200点の機器類が保存されており、その一部が常設展示されている。私のように80歳を越え、化学技術者の道に進んだものにとって懐かしいものが多く、個々の説明文も理解できた。高瀬川にある「島津総合資料館」のような大型

施設の展示は無かったが、師範学校時代から伝承された機器は、この美術館の代表的な展示物と感じた。

    エジプトのミイラの展示

本学の先輩に当たる大崎隆平氏の父親が、1920年より3年間エジプトに滞在されたときに入手されたもので、3点のミイラ(左足の一部、右手首、左足の甲でそれぞれ別人のもの)は放射性炭素年代測定からBC831年からBC796年のもので、身長152.9cmの女性である。駐日エジプト大使館が返還を求めていない珍しい資料である。

    紙幣のコレクション

本館には江戸時代から明治初期にかけての紙幣1100点が保存されている。当館に伝来した経緯は不明であるが、藩札以外に旗本・宮家・社寺・町村・宿駅など各所で発行されたものもあり、多種多様である。当館に所蔵される紙幣のほとんど全てがデータベース化され、ホームページ上で公開されている。すごいコレクションで、しばらく展示物の前から動けなかった。

    地質・岩石標本

私は「車石」の石材や疏水工事の石材から花崗岩関連の調査を継続しているが、花崗岩(火成岩)やホルンヘルツ(変成岩)の実物が展示され、京都東山の岩質を具体的に解説した資料に接することができたことは私にとって嬉しい収穫であった。ネット調査で当館にこの情報のあることを発見したのが、今回の訪問のきっかけとなった。

“花崗岩は風化にもろく、歳月とともに白砂の真砂へと変化し続けて、白川の名を残している”とか“接触変成岩である固い岩石ホルンヘルツが大文字山や比叡山の山頂をつくっているため、風化に耐え昔からの山の形を今に残している”などわかりやすい説明文に接した。

 その他、明治時代の足踏み式オルガン、出土した考古学資料や保管された漢書など展示全体として本学の研究・教育のあゆみを語っているとまとめている。

   以上、冊誌129号の教育資料館長・大田耕人氏の解説文の一部を引用させていただいた。

 

(4)学びの森の樹木

 伏見区は、住宅化の進行で森の雰囲気が残っている場所が少なくなったが、京都教育大学のキャンパスに入ると、多くの巨木が残っており、緑の濃いゾーンを形成している。

  C-02-07-3 C-02-07-4_convert_20120730170817

     構内施設配置説明図 201206254942   構内にあるメタセコイア並木道 2012-06-25-4947

 

 場所はJR藤森駅から徒歩8分以内であるが、京阪電車では墨染駅が便利である。今回歩いたのは、上に示す配置説明図の運動場の右側部分で、正門から入ると、重厚な姿の大きいクスノキが出迎えてくれる。

 前述の広報誌129号に美術科教授・岩村伸一氏の「京都教育大学の樹木について」と題した解説文があり、構内にはクスノキ、ケヤキ、カシ、エノキなど見事な大木が枝を広げて森を形成しているが、最近では建物の改修や増設工事で大樹のいくつかが姿を消している。これらの植栽の工事後の再生費は予算に計上されていない。

破壊は一日でできるが、「景観十年・風景百年・風土千年」の格言を示して教授は警告を発している。

 

 私が今回初めて訪問したときも、森の一部は工事用の塀で囲まれていた。生徒数の増加と教室の不足の問題をどうやって解決していくか難しい課題である。今回学生食堂を利用して昼食をいただいたが、昼食時間帯になると、湧いてくるように静寂な森の中から学生が集まり出した。

 今回の一番大きい目的であった「メタセコイアの並木道」には大学にふさわしい詳しい説明板が存在し、その由来や情報が記載されているので、別報として紹介する予定である。

 近い時期に、もう一度樹木に焦点を当てて訪問したいと考えている。


スポンサーサイト

C-02-06 伏見区にある「森林総合研究所・関西支所」の見学記

        琵琶湖疏水の散歩道・第488話(2012-05-16) KANKANBOW記

 

1)まえがき

 最近になって京都市周辺の東山・山科地区に存在する里山の維持活用問題に関心を持つようになり関連資料の調査検索を進めている中で、伏見区桃山町に「森林総合研究所・関西支所」の存在を知ったので、5月1日に初めて訪問した。そして、支所内にある公開施設で担当官より詳細な説明を受け、お願いして多くの関連資料をいただいた。その中から私が特に興味をもった事項について、とりまとめたのが本報告である。

 

2)いただいた資料のリスト

    森林総合研究所作成資料

ⅰ)独立行政法人 森林総合研究所の説明(茨城県つくば市に所在)

ⅱ)季刊 森林総研第15号(20111130発行)

ⅲ)季刊 森林総研第16号(20120229発行)

    森林総合研究所・関西支所作成資料

ⅰ)ナラ枯れの被害をどう減らすか-里山林を守るために-

ⅱ)里山に入る前に考えること(行政およびボランティア等による整備活動のために)

ⅲ)森林研究と自然学習とのコラボレーション-コンセプトと活動事例-

ⅳ)森林総合研究所関西支所の最近の研究情報4冊(No100No101No102、No103

ⅴ)森林総合研究所関西支所の説明資料(京都市伏見区に所在)

3)森林総合研究所の概要説明

 いただいた資料より筆者の責任で概要を説明する。森林総合研究所は、明治38(1905)

内に農商務省山林局林業試験所として発足し、改組移転を重ねて平成13(2001)年に「独立行政法人森林総合研究所」として発足して第1期中期計画を開始した。平成18(2006)年に非公務員型行政法人化して第2期中期計画を開始し、さらに他組織と統合・業務承継して担当分野を拡大して、平成23(2011)年から第3期中期計画(平成23年度~27年度)を開始しており、創立百周年を越えた歴史と実績に満ちた組織である。

 「関西支所」の前身は昭和22(1947)年に大阪支場として大阪営林局内に設置され、昭和28(1953)年に京都伏見に移転し、昭和63(1988)年に関西支所に改組している。現在の関西支所は、近畿・中国地方から北陸地方の一部までを対象に、森林・林業に関する研究を実施している。森林研究所全体の研究領域は20分野に区分されているが、関西支所では5研究グループ(農林生態・森林環境・生物多様性・生物被害・森林資源管理)で運営されている。私が住む隣の山科区でも専門分野の人以外には、その存在と内容があまり知られていない施設であるが、見学者用学習室を持っており、勉強の場としてもっと活用が望まれる場所である。

 

4)特に興味を持った事項

 

(1)関西支所の正面入り口にあるメタセコイア並木

 ブログ242 20111128)で滋賀県高島市の500本規模の「マキノ高原のメタセコイア並木道」と武田薬品工業「京都薬用植物園」および日本新薬「山科植物資料館」にある1本のメタセコイア巨木の紹介を実施したが、この伏見区の関西支所の「樹木園)にも数十本規模のメタセコイア並木道が存在し、「森の展示館」にはメタセコイアの切断面の実物見本と化石の実物が展示されている。

    C-2-6-1_convert_20120525103256.jpg   C-2-6-2_convert_20120525103317.jpg

  関西支所の入り口にあるメタセコイア並木道   森の展示館にあるメタセコイア化石の実物  (下部の中央に展示)

外側にある説明板の全文を紹介すると

地球上から絶滅したかと思われていたメタセコイアは、1945年に中国四川省の奥地で発見され、「生ける化石植物」とも呼ばれている。中国では水分の多い谷間に生育していることから「水杉」とも呼ばれており、日本には1949年に持ち込まれ、ここの並木は1955年に植えられたものである。この木の用途は軽くてもろいため建築材としては利用されず、庭園樹として多く植えられている。

 

(2)冊子「里山に入る前に考えること」の紹介

「行政およびボランティア等による整備活動のために」のサブタイトルのついた37ページの冊子で20093月に発行されてから毎年増刷されており、希望すれば入手できる。

一読して初期教育用に最適と感じたので、目次だけを紹介する。

第1章     里山は放置してはいけない

第2章     里山林の変化:過去60年の変遷

第3章 里山林の健康低下の原因と対策

第4章 放置里山林の植営生変化と問題点

第5章  里山林の生物多様性

里山林の生態

第3章     住民とともに実施する里山林の管理

第4章     里山林整備を進めるために

 

(3)冊子「ナラ枯れの被害をどう減らすか」の紹介

 十数年来、ナラ枯れの現象が各地に見られ、最近では琵琶湖疏水の散策道周辺でもビニール袋でカバーされた切断樹木が目立つようになったが、専門的な立場から総括的にまとめた冊子を読んだことはなかった。今回「ナラ枯れの被害をどう減らすか―里山林を守るために―」と題した21ページのカラー冊子をいただき、各種展示物の説明を受けて全体像を把握することができた。

  C-2-6-3_convert_20120525102604.jpg   C-2-6-4_convert_20120525102632.jpg

    昨年7月、山科疏水の散歩道沿いでナラ枯れ対策で伐採された切断樹木と根部分

 

 資料によると、近年の研究進展により、「ナラ枯れとは、カシノナガキクイムシが病原菌を伝播することによって起こる樹木の伝染病の流行」であり、虫害でなく菌害であることが明確になっている。被害は梅雨明けに発生し、コナラ・クリ・シイなどの樹木で、樹齢50~120年の老齢木に多く発生する。6~7月になると枯れたナラから多数のキクイムシの次世代の子供が飛び立つので、上の写真のように羽化脱出・飛散の防止のためシートでカバーしている。この報告書は、第2期中期計画の成果の一つとしてまとめられており、技術者から一般の方にまでわかりやすく解説することを目指して作成されている。

 ナラ枯れの発生は、人間の生活様式の変化に伴い、発生し易くことが確認されており、放置された里山林や林内公園型整備をされるとカシノナガキクイムシの繁殖が増えるので、被害の発生を迅速に把握し、初期段階での防除が最も重要と指摘している。このパンフを永久保存の本の一つとして、伝え広げたいと考えている。

               

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。